エクスプロア上海 上海TOP > What's New in 上海
GNXvAT[`lE

What's New in 上海

上海人の100人に1人ががん患者 〔2010年02月18日掲載〕

 2010年2月4日は“世界抗がんデー”として、中国抗がん協会は、がんの予防や抑制について最新のがん事情を測定データーも示しながら発表した。上海市は累計約18万人のがん患者がいて、それは上海人100人に1人以上ががん患者であるという計算になる。また上海人1000人中、2人以上ががんにより死亡しているという。
 「肺がん」について、上海市肺科医院の医院長によると、現在の上海におけるがん患者の中、肺がん患者の占める割合はおよそ3割だという。肺がん患者の8割は成人で、末期症状になって始めて検診し発覚する場合が多いという。肺がんは予防が最も必要と言われるほど、知らない間に末期症状まで進んでいる事が多く、たばこの煙や油煙から極力離れる事や外出の際にマスクをする、運転を控える等が予防策として発表された。「白血病」について、復旦大学附属小児科医院医院長によると、白血病は子どもが最もかかりやすく、親が喫煙者である事やよく車に乗る事などが白血病の主な原因であると発表された。しかし、急性リンパ細胞白血病の場合、長期生存率は年々上昇し、現在80%を越えているという。「子宮がん」について、復旦大学附属産婦人科医院副医院長によると、子宮がんの70%は、日常の食習慣や運動などで防ぐ事ができるという。「肝臓がん」について、二軍大附属東方肝外科医院教授によると、中国の肝臓がん患者は世界1位だという。「乳がん」について上海衛生中心によると、女性の健康を最も脅かすがんといわれ、上海市の女性における乳がんの発症率においても上昇していて、発症の原因は、上海の急速な発展に伴う環境汚染が最も高いといわれ、他にも不規則な生活スタイルや大きなストレスなどという。乳がん患者は、同時にうつ病も発症する場合が約20%あるといわれ、150人の乳がん患者を対象に行われた調査によると、乳がん患者は、焦りやいらだち、恐れを感じたり、うつ傾向等、情緒のみだれや問題も同時に現れやすいという事がわかったという。
 現在のがん事情について中国抗がん協会から発表されたが、すべてのがんに共通していえる事は早期発見が大切であるという。
(SHEX)




◇関連記事
  • 上海人民広場駅の地下鉄金融街(14/04/14 02:18掲載)
  • 航空機失踪事件の影響で上海市民のマレーシア旅行激減(14/03/27 23:30掲載)
  • 上海人民広場駅に外貨両替店が登場(14/03/13 13:40掲載)
  • 上海靜安区のファミリーマートで薬物男がガソリンを撒き放火 (14/03/12 22:50掲載)
  • 深セン地下鉄水湾駅で35歳エリート女性倒れ50分放置され死亡(14/02/27 18:30掲載)
  • 上海地下鉄 虹橋路駅の公衆トイレで赤ちゃん産み落とす(14/02/25 15:50掲載)
  • スターバックス”靴底成分”疑惑に回答「中国の安全基準内」(14/02/12掲載)
  • 上海市民の85%が「春節花火買いません」伝統より環境優先に(14/01/29 09:15掲載)

  • 記事検索 


    ◇本サイト内の関連コンテンツ
  • 上海の医療・健康関連基礎情報

  • SHEXメールマガジン


    ◇エクスプロアブログ・トラックバック
  • [我が愛しの上海へ]上海人の癌疾患、男性は肺癌・女性は乳癌がトップ2014/02/14
  • [我が愛しの上海へ]現在1時間あたりのPM2.5が200㎍/㎥越えの上海です2013/11/07
  • [上海ワルツ]上海人のムラ的なコミュニティ2013/02/02
  • [我が愛しの上海へ]乳がんと豆乳の関係2013/01/18
  • [ゴンさんの上海生活日記]上海人のアルバイト2013/01/16
  • [日中友好を夢見て]上海 再開発の仕組み2012/10/21
  • [ゴンさんの上海生活日記]上海人の店員は・・2012/05/16














  • [上海の地図] [上海の交通] [上海の住宅] [上海の観光] [上海で暮らす] [上海で買う] [上海で食べる] [上海の娯楽] [上海の医療] [上海の基礎知識]

    What's New in 上海 INDEX

    エクスプロア上海] [エクスプロア中国トラベル] [エクスプロア中国ビジネス

    Copyright(C) since 1998 Shanghai Explorer